審美歯科(しんびしか)について

審美歯科(しんびしか)について

ケアナノパック

審美歯科(しんびしか)は、美に主眼を置いた総合的な歯科医療の分野。歯の務める役目には物を噛むなど機能的な一面と、表情を明るくみせるなど審美的な側面があり、共に健康においては大切な要素だと言える。明治時代の終わり頃に海外から帰ってきた女たちが、洋風の髪、洋服、洋風の新しい化粧品や化粧道具、美顔術などを日本に紹介し、これらを新たに言い表す単語として、美容がけわいの後釜として扱われるようになったのだ。ビタミンA(レチノール)の誘導体であるレチノイン酸を用いた治療は、色素の濃いシミをほんの数週間で淡くするのにすごく適している治療法で、中年以降にみられる老人性色素斑・レーザー照射の効かない炎症後色素沈着・女性に多くみられる肝斑・にきび跡などに高い効果があります。頭皮のお手入れの主だった目指すところとは健康な毛髪を保持することです。頭髪の水分が失われてパサパサして艶がなかったり抜け毛が増加し始めるなど、多数の方が毛髪の困り事を抱えています。デトックスという言葉そのものは浸透しているが、これはあくまで健康法や代替医療のひとつに過ぎないものであり、一線を画すものであることを分かっている人は意外なまでに少ないようだ。

 

気になる下まぶたのたるみを改善・解消する方法で最も有効なのは、顔のストレッチ体操です。顔にある筋繊維は特に意識していないのに強張ったり、その時の精神状態に絡んでいることがままあるようです。内臓矯正というのは一部の筋肉や骨のせいで位置がおかしくなった臓器を本来存在するべき位置に戻して内臓の機能を元通りにするという手当です。最近人気の頭皮ケアは別名スカルプケア(scalp care)とも言われるお手入れ方法です。頭皮はヘアの困り事の代表である「抜け毛」「うす毛」にとても大きく関わっていると供に、フェイスラインの弛みにも影響しています。現代社会で生活する身の上では、身体の内側には人体に良くない影響を及ぼす化学物質が増加し、更に己の体内でもフリーラジカルなどが生産されていると喧伝されているらしい。唇の両端、すなわち口角がへの字型に下がっていると、弛みは加速的に進行していきます。にこっと唇の両端を持ち上げて笑顔でいるように努めれば、弛み防止にもなるし、何より見た目が素敵だと思います。

 

健康的なお肌の新陳代謝は4週間毎のサイクルになっており、いつも肌細胞が誕生し、常時剥がれています。このような「毎日の生まれ変わり」のおかげで私たちの皮膚は若々しさを保ち続けています。夏、強い紫外線を浴びたときになるべくダメージを抑える方法は3つ。1.日焼けした部分を冷やす2.普段より多く化粧水をパッティングしてきちんと潤いを与える3.シミを作らないために表皮を剥いては絶対にいけない。医学界がクオリティ・オブ・ライフ(QOL=生活の質)を大切に捉える風潮にあり、物づくりに代表される日本経済の向上と医療市場の大幅な巨大化により、美意識に基づいた美容外科(Plastic Surgery)は4〜5年前ぐらいから非常に人気のある医療分野のひとつである。知らず知らずの内にPCのモニターに集中し過ぎて、眉間にしわを寄せ、その上に口角の下がったへの字ぐち(余談ですが私はシルエットから取って「富士山ぐち」と勝手に名付けました)なのでは?これはお肌の大敵です。普通は慢性へと移行するが、しかるべき手当によって病態が一定の状況に保つことができれば、自然に治ってしまうことが予期される病気である。